【2009年4月21日 分岐バルブは必要だ!!】
 ご無沙汰しておりました。久々の更新です。3月・4月は毎日のように、何かしら作業をしておりました。その作業現場での事例を1つ。

 とある、学校で洗面台のカランを手動から自動に取り替えることとなりました。

 これを・・・・
 こんな感じで、取り替えたのですが・・・。その時に忘れてはいけないのが、分岐バルブです。

 手動の時には、蛇口にホースを差し込んで、床に水を流せたのですが、自動器はそのようには出来ません。そこで・・

 洗面台の下で、このように分岐すれば、問題ありません。
 これで、掃除も安心です。水廻りの商品は、本当にいろいろ考えられたものがあります。困った事やこんな事出来ないかな?と思ったら、一度専門の業者に聞いてみると、おもしろいですよ。
【2009年4月25日 駅のトイレも変わりました・・・】
 昨日、最寄の駅のトイレを利用しました。いつも、車で移動している私には、あまり電車を利用しないので、特に自宅の最寄の駅では、あまり使用することがありませんでした。

 そこで、見たのはトイレットペーパーが設置されている!と言う事です。

 いつから、設置されていたのかは分かりませんが、少し前まで駅のトイレって、ペーパーのないところが多かったですよね!

 たかが、トイレットペーパーと思われるかもしれませんが、鉄道会社にしてみれば、全駅に導入すれば、かなりのコストアップのはずです。それでも、それ以上の顧客満足を考えての導入と思われます。

 

 このような変化をみていると、やはりトイレが清潔であることや、快適であることが、集客やお客さんの満足度を左右するものだと、改めて確信しました。

【2009年4月26日 渋谷区役所前公衆トイレ・・・トイレ診断士の厠堂】
 先週の金曜日(24日)が、リフレッシュメンテナンスの最終日だったので、行ってきました。この前行ったときには、公衆トイレ!!って感じでしたが、凄い!!!きれいで、何も臭わないトイレになっていました。作業をされた皆様、お疲れ様でした。
 アメニティのマークが輝いていました。

 そこで、私もお手伝い。

 新しい便座を取り付けたり・・・
 便座除菌クリーナーの本体を設置するために、壁に穴を開けたり・・・自動器も取り付けました。
 渋谷に行かれるときには、是非区役所前の公衆トイレ「トイレ診断士の厠堂」に寄って下さい。